沖縄における大学等の知を活用した産業発展を支援する。

海洋温度差発電技術について

 オキナワものづくりネットワーク構築事業(沖縄県委託事業)では、ものづくり分野に係るシーズやニーズの発掘、研究開発の創出等を目的に、県内企業と研究者、支援機関等が会する「沖縄ものづくり連絡会」を実施しております。今回は久米島における海洋温度差発電実証設備を視察し、新しい技術に関する情報収集(技術の紹介と質疑応答等)を行います。企業等関係者の皆様は、奮ってお申込みいただきますようご案内申し上げます。
 
1.日 時  平成26年1月23日(木)13:00?15:00
2.会 場  海洋深層水研究所内 海洋温度差発電実証設備(沖縄県久米島町)
3.内 容  海洋深層水研究所の施設および研究内容の紹介
4.対 象  県内ものづくり企業(機械装置開発企業から製造装置のユーザー企業まで)
       県内公設試および大学等の研究者、支援機関関係者
5.定 員  10名程度
6.参加費  無料(旅費等は自己負担)
7.申込期限  平成26年1月21日(火)17:00まで

※案内および申込書 ⇒ <pdf (121kb)>
 

2017-05-29T19:51:32+00:00 2014-1-15|お知らせ|